まいどです。

今回は合わせ目消しを紹介します。

ガンプラなんかだとパーツ分割によって、そういう装甲の付き方なんだと思わせるような部分に合わせ目を持ってくることで、合わせ目を消さなくてもいいような構成になっていたりします。

ところが、今回のは人間のフィギュアのプラモデルです。さすがに人間の肌にはそんな継ぎ目はありません。

フレイアさんにも当然お肌に継ぎ目があるわけがないので、これは頑張って消していかなければなりません。また、髪の毛に豪快に合わせ目が出るので、これも消した方がいいでしょう。

 

ではさっそく始めましょう。

DSCN3920

今回はこの溶きパテを使います。

合わせ目消しには色々なものが使えますが、ここでは硬化後の研磨がしやすい溶きパテが向いているでしょう。

これはラッカーパテと言われるもので、チューブ入りのものをMr.うすめ液などを使用して薄めて使うタイプです。

これはすでに溶かれた状態で販売されているもので、ほかにも瓶入りサーフェイサーの500番などはそのまま溶きパテとしても使用できます。

チューブ入りも瓶のものも、グレーとホワイトの2種類があります。グレーの方が表面状態が確認しやすいものの、今回のように淡い色を塗装する場合にはグレーの色が上に塗った塗料の色を暗くしてしまうため、ホワイトの方を使用しましょう。

DSCN3918

まずは接着剤でがっちり固定しましょう。

溶きパテに限らず硬化後のパテには柔軟性がないものが多いので、パーツが固定されていないと、ふと力をかけた拍子にそこからヒビが入ったりします。

まずがっちり固定してから隙間を埋めていきましょう。

 

 

DSCN3921

で、ある程度接着剤が固まったら溶きパテを乗せていきます。

瓶の中をよくかき混ぜた後、つまようじで隙間のところに置いていきます。

ラッカーパテは硬化時に収縮するので、多めにがっつり盛り付けてあげましょう。

筆で塗った方が細かい量の調整ができそうですが、めんどくさいのでこれでいいです。

DSCN3936

で、こんな感じで固定して乾燥・硬化を待ちます。

硬化してから研磨作業に入りますが、割と大変でした。

ここは完全乾燥する前に、半乾き程度のところでラッカー系溶剤を含ませたティッシュなどで余分なパテを拭き取るやり方の方が作業時間は短くなりそうです。

 

DSCN3937

とはいえ、私は完全乾燥させてしまったので、しっかり削っていきたいと思います。

削る場合はまず爪を立てても跡が残らないぐらいに硬くなっている必要があります。

とりあえずぎゅーっと爪を押し当ててみましょう。

 

 

DSCN3938

跡が残らないので、このまま研磨作業に入っても大丈夫です。

 

 

 

 

 

DSCN3939

ひたすらペーパーとスポンジヤスリで削っていました。

ラッカーパテ自体は比較的柔らかいため削りやすいのですが、いかんせん形状が複雑なので削りにくいです。

ですので、やっぱり半乾きの時に拭き取った方が楽に仕上がりそうです。

 

DSCN3941

地道に削りました。

もう大変でした。

 

 

 

 

DSCN3940きっとこれなら塗装した後に隙間が気になりませんね。

 

 

 

 

 

DSCN3894

ほかにはこいつらも合わせ目を消していきましょう。

左腕はややこしい分割になっています。

ここでは手首は合わせ目を消さずに、リストバンド的なものを巻いてる感じに塗装してごまかしたいと思います。

先に合わせ目を消してしまうとブレスレットが取り付けられなくなります。

 

DSCN3893

手のひらは微妙なところです。手相でいうところの生命線まではわざわざ消さなくてもいい気がします。

というか完成したら見えないしね。

手首側の不自然なラインだけ消してあげましょう。

 

 

DSCN3897

首にも合わせ目があります。

この後、顔にもう少し何か手を入れるかもなのでフェイスラインの合わせ目はここでは消さずに、首の側面だけとりあえず消しておきましょう。

 

 

 

DSCN3923

ついでに他のパーツのパーティングラインを処理していきましょう。

腕にはがっつりパーティングラインが入っているので、というかもはやはっきりと段差になっている。

ここはスポンジヤスリで整えます。

 

 

DSCN3926

指の側面にもパーティングラインが入っているので、ナイフでカンナがけして平らにならします。

指がそのままだと太いような気がしなくもないので、ちょっと細目になるように削り込んでいきます。

 

 

 

DSCN3929

つるっとし感じになりました。

わりとめんどくさいのですが、頑張って愛を注いであげてください。

 

 

 

 

DSCN3930もう少し指の付け根を細くしてあげたい気もしますが、全体のバランスが崩れるかもなので少しだけにしておきました。

 

 

 

 

DSCN3944

今こんな感じです。

形状的には前回と変わってないです。

 

 

 

 

DSCN3946

手首の合わせ目ですが、試しにマスキングテープでリストバンドを巻いた状態にしてみました。

こんな感じで色を塗って、この部分の合わせ目はごまかしたいと思います。

リストバンドなのでもう少し太さがあってもいいかな。

 

 

DSCN3947

実はブラウスの襟は厚みがあったので、薄く加工しています。

そのへんはまた次回にでも。

次回は細かいパーツの調整を行っていきたいと思います。

 

 

今回は合わせ目消しを紹介しましたが、ラッカーパテ以外にも色んなアイテムが使えます。

普通のプラセメントで消すこともできますし、瞬間接着剤で隙間を埋めちゃうこともできます。私のおすすめは瞬間クリアパテというものがありまして、瞬間接着剤と同じ感覚で埋めることができるのですが、瞬間接着剤よりも切削しやすいという特徴があるのです。おすすめです。

そのへんはまた別のキットを作るときにでも紹介したいですねー。

というか旧模型部屋でユニコーンを作った時に色々紹介したので、そちらも参考にしてみてくださいー。

 

旧模型部屋のユニコーンの記事ははこちらからどうぞ。

http://blogs.yahoo.co.jp/maotatsuma/55782521.html

 

 

ではまた。

(Visited 552 times, 1 visits today)