まいどです。

個人的に期待していた新シリーズがついに始まります。

アニメのキャラクターがバストアップフィギュアになってぞくぞく発売されます。その第一弾として、鉄血のオルフェンズから三日月・オーガスと、マクロスΔからフレイア・ヴィオンの2つが発売されました。キラとアスラン?何のことでしょう。

フィギュアライズバストのシリーズ展開としては、マクロスΔからワルキューレのメンバーが出るのと、ガンダム00から刹那が、そしてアクティヴレイドからLikoさんが出ます。

最近コトブキヤを筆頭に美少女プラモデルの開発が各メーカーで進んでいます。

コトブキヤとバンダイ以外にもマックスファクトリーのPLAMAXの展開も気になりますし、アオシマが美少女化バルキリー(マクロスのやつ)の開発してるとか情報を出してみたり、色々楽しみが広がります。

売り場を移動して、以前よりわかりやすい位置(多分)に美少女プラモコーナーを持ってくることができました。とりあえずそこに作ったやつを何か置きたいので、まずはこいつを仕上げてやりたいと思います。

あ、このフィギュアライズバストやフレームアームズガールを仕上げた作品の展示も募集してますよー。夏休み中は私の休みが少なくて製作ペースが追い付かないので、今ならコーナー中央の1等地にどーんと展示できますよー。

まぁ前置きはこのくらいで。

 

さて、ではさっそくキットを見ていきましょう。

DSCN3861

パッケージこんな感じです。

私は「プラモデルを作る」のが好きなので、割とそのアニメとか見ていないことが多いです。

これもその一つで、アニメは見ていないのですが、バンダイの新商品画像を見て作りたくなったから手をつけるといった感じです。

商品画像だけみると良さげに見えたのですが、こうしてイラストが並んでいると「これじゃない」感が出てることは否定できないですねー。

 

まぁとりあえず中を見てみましょう。

DSCN3862

怖っ。

いきなりホラー要素ぶち込むのやめてもらいたい。

まぁこれが組み立てたらちゃんと形になるのは凄いとは思いますが、瞳とかはデカールでえぇやないかと思うのは私だけではないはず。

 

 

DSCN3863

ランナー数は全部で7枚と、組み立てるだけなら1時間かかりません。

組み立てるだけならね。

 

 

 

 

DSCN3865

とりあえず素組みしてみました。

これはシールを貼っていない状態ですが、ちゃんとパッケージ通りのモノが完成します。

写真だとあんまりわかりませんが、プラスチック特有のテカリが気になるので、最低限肌と髪の毛にだけはフラットクリアーを吹いておいた方がいいですね。

まぁ服の部分は別パーツになっているので、それ自体は難しくないでしょう。

DSCN3868

うしろ姿です。ふわふわの髪の毛がよく再現されています。

髪の毛パーツはイエローとオレンジが別パーツになっています。これによって合わせ目が出てしまうので、合わせ目を埋めた後にエアブラシ塗装でグラデーションをつけてあげたいと思います。

ただ、髪の毛はパーツ分割が複雑なので、髪の毛パーツを単体で塗装して後からフェイスパーツを組み付けるといった工程にしたい場合には自分で分割ラインを変更する必要がありそうです。

DSCN3871

服の部分は色がパッケージのイメージと異なります。

インストの画像を見ると鮮やかな赤なのですが、成型色はオレンジブラウンのような色調です。

写真に撮るとそれなりに赤いんですけどね。

ステージ衣装っぽく、赤と黒の部分は光沢で仕上げたいと思います。

ブラウスは襟周りの厚みが気になるので、薄く削って仕上げたいところです。

手に持ってるマイクは短くておもちゃっぽい印象なので、少しだけ延長してあげようかな。まぁ余力があれば。

DSCN3869

両腕ともパーティングラインがずどーんと入っています。

あと、左手は3パーツ構成で合わせ目が目立ちます。

しかしこれを埋めてから塗装となるとブレスレットが後から付けられなくなります。

マスキングして対応するしかないのかしら。

あと、この角度だと表情が可愛くないです。そのへんも調整が必要かと。

 

なかなかのクオリティにまとまってはいますが、これは完成したらお店に飾ることになるので、ちょっと頑張らないとドヤ顔で置いておけないかなーといった感じでしょうか。

あーやることいっぱいだー。

 

ぼちぼち進めていきます。

 

ではまた。

(Visited 578 times, 1 visits today)