HGUC ブルーディスティニー3号機[3]後ハメ加工とか

まいどです。

引き続きブルーディスティニー3号機をやっていきます。

今回はパーツの加工について。

合わせ目消しは別記事で紹介しているので、そちらを参考にしてみて下さい。

後ハメ加工

今回はパーツの後ハメ加工をやっていこうかと思います。

ガンプラの場合はパーツを1つずつ塗装していくことが多いのですが、複数のパーツを組み付けて一番外側に合わせ目ができる、といった厄介な状況になることがあります。

このキットの場合は前腕部とアンクルガードがそれにあたります。

前腕部は肘の関節を挟み込んだ部分に合わせ目が、アンクルガードも最後に取り付けるパーツなので合わせ目消しが面倒です。

他にはライフルなどですね。

ライフルはグレーパーツを挟み込む形で白パーツを組み立てます。

このようなパーツの場合、組み立てた状態で合わせ目消しを行い、マスキングをしながら塗り分けていくというのも一つの手です。

しかし、簡単な加工で合わせ目の処理をしたパーツを最後に組み付けられるように加工することができれば、マスキングの手間を大きく減らすことができます。

細かい部分のマスキングは、慣れちゃえばどうってことないのですが、とても時間がかかりますからね。

加工の方法を考えてみる

とはいえ、ガンプラは基本的なパーツ構成が似通っているので、だいたい同じような手法で後ハメ加工をすることができます。

今回紹介するのは代表的なものといってもいいものなので、やったことないって方はぜひ挑戦してみて下さい。

まずは前腕部から

前腕部は内側に関節のパーツを挟み込みます。

内側を見るとこんな感じです。

どうやって加工していくかというと、簡単に言えば、後から関節を差し込めるようにする、というものです。

この部分で切り落として、グレーのパーツを分割してあげれば肘の部分は後から差込めそうです。

こんな感じで塗装後に差し込めるようにしています。

今はパーツが上に乗ってるだけって感じなので、固定されているわけではありません。

でも、塗装後の組み立てる時に接着してしまえば問題ありません。

次はアンクルガード

ここは一見厄介なパーツに見えます。

内側はどうなっているでしょう。

この太いピンに白パーツを挟み込んで組み立てるのですが、このピンの出っ張りを小さくしてあげれば、白パーツを広げれば組み付けることができるかもしてません。

ノコで切り落として断面をやすりで整えました。

多分これで広げればはまってくれるはず。

こんな感じでグイっと広げながら取り付けられるようになりました。

ピンを短くしても、位置が固定できていれば問題ありません。

合わせ目を処理した段階で、広げても処理した部分が割れなければ大丈夫です。

合わせ目処理が終わったら一度確認することにします。

問題が出るようなら白パーツ側を加工する必要がありそうです。

ライフルの合わせ目

MGでは武器にもなるべく合わせ目ができないようにしてくれていたりするのですが、HGクラスだと露骨に合わせ目がでるような構成になっています。

まぁMGでも完全に合わせ目ゼロなキットというのもなかなかないので、HGだと仕方ない部分ではあります。

内側はこんな感じで、結構形が複雑です。

写真の右側などはちょっとややこしいので、マスキングして塗り分けすることにします。

このラインで分割すると銃身の部分が後から差し込めるようになります。

穴に差し込めるようになりました。

こんな感じです。

他にも色々なやり方があるので、パズル感覚で考えてみるのも楽しいですよ。

ではまた。

 

以前フィギュアライズバストの制作時にこんなやつも紹介しています。

髪の毛パーツの分割の方法を工夫してみました。

http://maotatsuma.info/archives/425

 

 



ガンダムシリーズの商品ならプレミアムバンダイ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください