まいどです。

 

なかなかブログの更新が進まない日々です。

実はランカはもう完成していて、次に作っているプラモも既に完成間近という状態です。

 

今回はランカの続きをやっていきます。

衣装の中で印象的なクリアパーツのフリル。

これを綺麗に仕上げます。

クリアパーツの処理をしていきましょう。

組みあがったときにこのクリアパーツたちが最も大きなかたまりなので、これを綺麗に仕上げられると完成度がより高まるでしょう。

ここではガラス細工のようなピカピカな質感を目指します。

 

 

 

まずはこの極太のゲートを処理していきます。

クリアパーツだけでなく、キット全体として太いゲートになっている部分が多いので、慎重に整形していきましょう。

 

 

 

 

ニッパーでパーツから少し離れたところを切断します。

ニッパーで押しつぶされて負荷がかかった部分はその周囲が白くなっちゃいます。

離れたところを切ればパーツ本体には白くなる部分が及びません。

 

 

 

このぐらい余裕をもって切断すると安心です。

これはこの後ナイフを使用して整えていきます。

 

 

 

 

平らになるよう少しずつカットしていきます。

ナイフの刃は必ず新品を使用して作業します。

切れ味の悪い刃を使用すると力を入れないとカットできなくなる場面があります。

力がかかると結局その部分が白くなるので、力を入れずにスパッと落とせるように常に切れ味は最高を保って作業します。

 

こんな感じになりました。

これをこの後ペーパーで整えていきます。

 

 

 

 

 

1000番程度のペーパーで平らにならしていきます。

粗い番手のペーパーを使用すると平らになるまでの時間は早くなりますが、今度はそのやすり傷を消す作業がものすごく大変になります。

この場面での作業時間はかかりますが、細かい目のペーパーを使用した方が後の作業が楽になります。

1000番で削った後は1500番のペーパーを使用して、徐々に傷を消していきます。

 

次はさらに番手を上げていきます。

2000番のスポンジヤスリに水を付けて磨いていきます。

水を付けるとやすりがけをした時の摩擦熱が軽減されるので、表面が荒れにくくなります。

 

 

 

ゲート跡やパーティングラインを消した状態です。

ヤスリを使用した処理はこのあたりが限界です。

 

 

 

 

次はコンパウンドをかけて表面をピカピカにしていきましょう。

今回はクレオスのMr.コンパウンドを使用しました。

まずは細目を使用していきます。

容器にも書いてありますが、大体3000番ぐらいの細かさだそうです。

 

 

カーモデルのように面積の大きいパーツを磨く場合はこんな感じでクロスに出して磨いていってもいいのですが、今回はパーツが小さすぎてクロスだと隅々まで磨くことは難しかったです。

 

 

 

 

地道に綿棒で磨いていきます。

あまり力を入れる必要はありません。

あくまで「磨く」感じです。

 

 

 

このぐらいには透明度が復活しました。

とりあえず水洗いして先ほどのコンパウンドをすべて落とします。

コンパウンドには研磨剤の粒子が入っているため、これを一度落とさなければなりません。

 

 

 

うまくピントが合わなかったため別アングルから。

わかりにくくて申し訳ない。

完全に透明になりました。

なってるんです。

 

 

組み合わせるとこんな感じです。

そういえばコンパウンドはヤスリを使用した箇所だけでなく、パーツ全面を磨くようにしていたと思います。(記憶が曖昧だ)

このままでも綺麗っちゃ綺麗なのですが、少し物足りないのでちょこっと塗装します。

 

 

クリアピンクでエッジのあたりを細吹きしています。

全体をベタ塗りしちゃうと単調な印象は変わらないので、端っこだけに色を乗せます。

 

 

 

 

組み合わせるとこんな感じです。

少し立体感も出たかなと思います。

ただ、細吹きした際にミストが付着した部分のツヤが少し落ちていました。

この後ガイアノーツの蛍光クリアーをコートしてよりツヤを出しています。

ピンクの色がより鮮やかになるかなとか思いましたが、そこまで劇的に変わったわけではありませんでした。

 

接着にはエポキシ接着剤を使用しました。

少量でも十分な強度が得られることに加え、乾燥後も透明なので少々はみ出しても問題ないため、この手のパーツの接着には重宝します。

A液とB液を同じ量混ぜると使用できます。

瞬間接着剤なんかだと硬化時に白くなることがあるため、あまりお勧めしません。

 

 

これでクリアパーツの処理は完了です。

衣装なのでそこまでこだわらなくてもいいかなとか思いましたが、ランカ本体の上半身より大きなパーツになるので、せめてつやつやにする作業だけでもしてあげた方がいいでしょう。

 

 

 

思いのほかクリアパーツの処理が長くなったので続きは次回。

ではまた。

(Visited 14 times, 1 visits today)