まいどです。

 

前回はようちゃんの合わせ目消しまでやっちゃいました。

形としてはそこまでいじる必要はないと思うので、あとは筆で色を塗って終わりにしておこうと思います。

もちろんキット付属のシールを使用してもいいのですが、平面的なシールをシワなく貼り付けるのは割と難しくてですね、私も試しに貼ってみようとしたのですが、綺麗に貼ることができませんでした。

なのでシールになっている部分なんかはプラモデル用の塗料を使って塗ってみましょう。

 

こういうのが塗料コーナーに置いてあります。

帽子の黒の部分にネイビーブルーを、みかんのモチーフにイエローと黄橙色を、ネクタイのラインにホワイトを、服の部分にコバルトブルーを使用しました。

服の部分には説明するときに写真で見やすくするためにコバルトブルーを使用しましたが、イラストの感じではスカイブルーが近いような気がします。

 

今回はMr.カラーを使用しました。

Mr.カラーは溶剤性の塗料なので、シンナーの臭いがどうしても無理な人は水性ホビーカラーやアクリジョンを使って塗装するといいでしょう。

Mr.カラーは瓶のままだと濃すぎるので、うすめ液を使用して濃度を調整します。

水性ホビーカラーやアクリジョンは薄める必要はありませんが、塗料は乾燥後には耐水性になるので、筆などを洗う際にそれぞれ専用のクリーナーを使用します。

水性ホビーカラーは水性ホビーカラーうすめ液で、アクリジョンはアクリジョン専用ツールクリーナーを使用して洗浄できます。

さて、ではまずこの手首の分割線の部分から塗っていきます。

ここは今回のように肌の部分を塗装しない場合にはブレスレットを通してから接着して合わせ目を消してもいいのですが、肌も塗装する場合にはブレスレットがあると作業がしにくいです。

なのでここにリストバンドを巻いてる的な感じにして、分割線をごまかす感じでやってみます。

 

 

こんな感じにしてみたいと思います。

これは白色のマスキングテープを巻いただけの状態です。

こんな風に分割線をごまかしてみたいと思います。

 

 

 

先ほどのマスキングテープを目印にして、今度は塗りたくない部分にマスキングテープを貼ります。

さっきのマスキングテープはこれを貼った後に剥がしています。

 

 

 

 

ではこれを筆でペタペタ塗っていきます。

塗料の薄め具合についてはだいたい塗料8に対してうすめ液2〜3ぐらいの感じです。うっすら塗って乾かし、うっすら塗って乾かしを繰り返して色を乗せていきます。

 

 

 

 

こんな感じです。

塗料自体に光沢がありますが、これは最終仕上げで全体をつや消しにするので今は気にしなくていいです。

ここに色を付けることで分割線も気にならなくなりました。

 

 

 

次は服の部分を塗っていきます。

色の感じですが、1回目はこのぐらい色が透けまくってる状態でいいです。

これを2回3回と重ねていくうちにしっかりと塗料の色になります。

重ね塗りする時には一旦30分ほど置いて塗った塗料が乾燥してから上に塗料を乗せていきます。

 

 

3回ほど重ね塗りをしてこのぐらいの濃さの青になります。

まだ色のムラがあるので、ここからは薄い部分を中心に重ね塗りしていきます。

 

 

 

 

 

はみ出した部分は塗料を削り落として修正します。

白を塗っていて少しはみ出してしまいました。

これをナイフで削って処理していきます。

 

 

 

ナイフの刃で引っかいて落とします。

このようにナイフを立てたら、この写真だと下向きに刃を動かして塗料を削り落とします。

まぁ爪楊枝とかでカリカリやってもいいんですけどね。

 

 

 

で、こんな感じに。わずかに残っているのは溝の中に塗料が残っている状態なので、ここは爪楊枝とかで溝の中を頑張ってカリカリしてあげた方がいいですね。

 

 

 

 

 

次は帽子の部分を仕上げていきましょう。

みかんのモチーフを塗装していきます。

黄色みたいな淡い色は下の色が透けてしまってなかなか色が出ませんが、根気よく重ね塗りして色を出していきましょう。

1回塗っただけでは下のブルーが完全に透けているのがわかります。

 

 

重ね塗りできるまで乾かさないといけないので、乾燥を待ってる間にネイビーブルーを塗っておきます。

ここもはみ出したら削りたい放題なので気楽に塗っていきましょう。

 

 

 

 

だいたい3~4回ぐらい塗り重ねるとこのようにきれいに黄色になります。

 

 

 

 

 

イラストのオレンジ色の部分には黄橙色を塗っておきます。

黄色の上にオレンジを塗る場合は綺麗に色が出るので、重ね塗りしなくてもいいぐらいの感じです。

 

 

 

 

はみ出した部分などを修正してパーツを組みつけてみました。

いい感じになってます。

塗ったパーツが形になっていくとすごくテンション上がりますね。

 

 

 

 

さて、文章で説明してもなかなか伝わらない部分も多いとは思うんですが、あれですね。

日曜日はお店でプラモデル作れるスペースを用意していますので、これから作ってみたいという人はぜひそこで作っていっちゃってください。

アクリジョンでなら店頭のスペースでも塗装の練習ができます。

お店でキットを買ってくれたら完成までちゃんと面倒見ますので、気軽にお声掛けください。

 

ではまた。

(Visited 262 times, 1 visits today)