まいどです。

前回に引き続き、ようちゃんを作っていきたいと思います。

 

今回はこの見苦しい分割線を消していきたいと思います。

こんな感じのやつですね。

これがいわゆる「合わせ目」と呼ばれるものです。

プラモデルなので、パーツを組みつけた部分にはこういった線が出てしまいます。

ガンダムなんかのロボットであればまぁ見なかったことにできたりもしますが、さすがにフィギュアともなるとそうもいきません。

ここは接着剤とやすりを使用してこの線を完全消滅させてしまいましょう。

 

まず、絶対に必要なのがプラスチック用接着剤です。

瞬間接着剤などは今回の作業には向きませんので、うちの店に置いているやつだとこの2つ。

左側のが今回メインとして使用する接着剤です。右のは補助的に使うことがありますが、とりあえず左側のやつだけでいいので買っておいてください。

ほかのメーカーからも似たような接着債は出ていますが、「プラスチック用」という記載のあるやつを選んでください。理由は後の方で説明しながら進めていきます。

 

このパーツを使用して説明していきましょう。

左手はまずこの2つのパーツを組みつけます。

これを接着しちゃうわけです。

 

 

 

白いフタの裏にはこんな感じのハケがついています。

これを接着する面にたっぷり塗ります。

じつはプラスチック用接着剤っていうのはプラスチックを一度溶かすことによって接着しているのです。

接着面のプラスチックが溶けて、パーツを組みつけたときに溶けた部分同士が密着し、接着剤の成分が揮発乾燥することで一体化させるといった働きで接着するアイテムなのです。

そう、一体化するのです。

一体化すれば「合わせ目」なんてものは存在しなくなります。

だって1つのパーツになっているんですもの。

で、反対側のパーツにも同様にたっぷり接着剤を塗ります。

1分ほど時間をおくと表面が溶けると同時に乾き始めているので、さっきのパーツとこっちのパーツにもう一度接着剤を塗っておきます。

 

 

 

 

そして2つのパーツを合わせます。

先ほど塗った接着剤がむにゅっとはみ出しているのがわかると思います。

このむにゅの部分が2つのパーツの隙間を埋めてくれているので、しっかりこのむにゅを出しましょう。

 

 

 

ちょっとむにゅがうまく出なかった部分なんかがあれば、緑のふたの方の接着剤をその部分に乗せていきます。

緑の方はサラサラなので、この場面では表面を整えてあげる感じになります。

 

 

 

 

この後、接着剤の成分が完全に乾くまで放置します。

だいたい2晩ほど寝かせれば問題ないでしょう。

固まった接着剤は紙やすりや前回紹介したスポンジヤスリなどで削り落とします。

前回のパーティングラインの処理と同様、元の形状を損なわないようにだけ気を付けましょう。

このようにきれいに処理することができました。

手首の線は消していませんが、以前フレイアさんの時にやった「リストバンドを付けてるようにしてごまかす」手法でごまかす方法を塗装の時に紹介します。

 

 

こんな感じで合わせ目を処理していきましょう。

左手のほかには前後合わせの胴体パーツくらいですね。

面倒であれば正面から見える右わき腹のラインだけ処理してあげればいいでしょう。

襟のパーツは合わせ目が髪の毛などに隠れてほとんど気にならないので処理しなくてもいいでしょう。

 

ここまでは写真をぱっと見ただけですとほとんど変わったように見えませんが、それは次回の塗装で見違えるようになりますよ。

もちろん、シールを貼ってつや消しをかけるだけでも十分楽しめますが、せっかくならもうひと頑張り、「足りない色を塗ってみる」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

その辺はまた近いうちに更新しますのでしばしお待ちを。

 

ではまた。

(Visited 497 times, 1 visits today)