まいどです。

前回下ごしらえが完了しました。

まぁ普通に組み立ててつや消しクリアー吹いただけですが。

 

では早速汚していきます。

オイル汚れのようなサビ汚れのような、そんな感じの色を入れていきます。

こいつはクレオスのウェザリングカラーというアイテムです。

ウェザリングには欠かせないアイテムです。

今回はすみ入れとウォッシングをまとめてこのステインブラウンで行っていきます。

普通のブラックとかグレーなんかも出ているので、汚さずにすみ入れだけやっちゃいたい場合にも重宝します。

似たようなアイテムではタミヤのエナメル塗料なんかもありますが、ガンプラにエナメルをうかつに使うとパーツが割れるおそれがあるので、なんのこっちゃよくわからない人はこちらを揃える方がいいでしょう。

とりあえず瓶を振って中身をよく混ぜておきましょう。

金属球が中に入っているので、振るだけである程度混ぜることができます。

クレオスから別売りで「撹拌用メタルボール」というやつが出ているので、そいつを追加で入れてやると早く混ぜることができます。

さぁ、筆にとって適当にベタベタ塗っていきましょう。

拭き取って落とす前提なので、無心でベタベタ塗りたくりましょう。

 

 

 

 

こんな感じです。

無心で塗りつぶしました。

これを拭き取りながら部分的に汚れを残していきます。

 

 

 

拭き取りにはウェザリングカラー専用うすめ液を使用します。

こういった塗料と専用の溶剤はセットでそろえる必要があります。

 

 

 

 

綿棒に溶剤を含ませて、拭き取っていきます。

この時、上から下に向かってふき取るようにしましょう。

汚れは重力に従って下に落ちていきます。

宇宙空間専用機ならともかく、オイルやサビ、砂や泥といった汚れは基本的に下にしか移動しません。

特に東南アジアなんかだとスコール的なアレもあったりするでしょうから、汚れは下に向かって垂れていくでしょう。

今回はこんな感じで。

この後泥汚れをがつっと入れるので、それなりに拭き残しが多いようにしています。

このあたりはお好みで。

うっすら汚れた感じを出したいならもうちょっとしっかりふき取ってあげればいいでしょう。

 

全身に同様にステインブラウンのウォッシングを施した状態です。

私の中の陸ジムさんのイメージはこのぐらいの色合いがちょうどいい感じです。

 

 

 

 

 

さて、次は泥汚れをつけていきましょう。

泥にはこのウェザリングペーストを使用します。

以前から試してみたかったのですが、時間がなかったりちょうど試せそうなキットが無かったりしてたので、今回ようやく試すことができるわけです。

 

 

 

 

中はこんな感じです。

ほんとにペースト状ですね。

ドロッとしてます。

 

 

 

固めの筆でたたくようにペーストを乗せていきます。

本当にこの使い方が正しいのかはわからない。

とりあえず泥まみれにするのは足元を中心に。

 

 

 

ペタペタ乗せていきます。

今はツヤがある感じですが、乾くとつや消しになります。

 

 

 

 

気に入らない部分があったら溶剤を含ませた綿棒で拭き取って落とすこともできます。

少し汚れをぼかしたいとか、汚れの付着量を調整したいといった場合には乾いてからわずかに溶剤を含ませた綿棒で伸ばしてあげるといいでしょう。

 

 

 

足元を中心に泥汚れを入れました。シールドは地面に立てて使用するシーンがあったりしたので、先端にも泥を付けるようにしてみました。

乾くとかなり色合いが変わりますね。

今の感じだと泥とそうでない部分とがちぐはぐなので、全身にも泥を付けてみましょうか。

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ先ほどと同じようにペタペタ乗せていったのではただの泥人形になっちゃいそうですね。

ペーストにうすめ液を加えて少しサラサラにした状態で、それを筆に含ませて、筆先を指ではじくようにして飛沫を飛ばしてあげました。

 

 

 

それを全身に施してみたものがこちら。

実際にこういう汚れ方をするのかはわかりませんが、先ほどよりは汚れ方にまとまりが出たように感じます。

まだもうちょっと何かしてみたい気もします。

 

 

 

 

 

 

 

ペーストを塗れたような外観に保つクリアーがあるようです。

さっきまでの泥はもう乾いちゃった泥で、この上に重ねるのはさっき付いたばかりでまだ乾いていない泥だ的な感じにしてみようかな。

マッドブラウンのペーストにウェットクリアーを混ぜ、足元のみにペタペタ乗せてみました。

先ほどと同じように固めの筆でたたくような感じで。

 

……確かに先に乗せたやつとは色味が変わったのですが、ぱっと見はあまり変わらない感じだったので、もっとクリアーをたくさん混ぜればよかったのかなーとか思ってみたり。

まぁペーストについてはもっと色々使ってみないと感覚はつかめないかもですね。

とりあえずみるみる汚れていくのは楽しかったです。

あ、汚しが終わったので目のパーツを取り付けたのと、カメラの部分にシールを貼りました。

では、完成写真をどうぞ。

割といい息抜きになったと思います。

仕事から帰って寝るまでに2時間弱作業して……って感じでも3~4日あればこの状態まではいけちゃいそうですよ。

個人的にはシールドの先端の泥の感じが好きです。

ぜひ気軽にトライしてみてください。

 

 

日曜日あたりにお店の方に展示できればなーと思っておりますー。

ぜひ見に来てくださいねー。

あと、「俺の方がうまくできてる」とか思った人は、その作品お店に飾りに来てくださいね。

うまいへた問わずでお店の方では展示作品募集中ですので、気軽に持ち込んでみてくだされ!!

 

ではまた。

(Visited 1,031 times, 1 visits today)