まいどです。

今回でようちゃんも完成となります。

最後の仕上げに全体のつや消しコートとメイクをやっていきましょう。

まずはこいつ。

プラスチックって表面がテカテカして安っぽい感じに見えるんですよね。

それに人の肌ってそんなにテカテカしてないんです。

テカテカするぐらい脂ぎった女の子というのは全くかわいくないので、全体をつや消しにして仕上げていきましょう。

使用するのはこういったパーツ表面をつや消しにするスプレーです。

これは水性のつや消しトップコートです。

左の方はベーシックなつや消しトップコート、右の方は昨年発売になったプレミアムトップコートです。

プレミアムトップコートの方が表面の滑らかさなどの質感は良いのですが、いかんせん従来のトップコートよりも少し臭いがきついように感じます。

どうせきついにおいがするなら水性じゃなくて溶剤性のつや消しクリアーとかでもいいんじゃなかろうかと思ってみたり、でもそっちはもっと臭いきついしなとか思ってみたり。

まぁ今回はプレミアムトップコートの方でやっていきたいと思います。

 

で、スプレーを使用する際の注意点として

①スプレーですから霧状になった塗料が部屋中に飛散します。ベランダなどの屋外で作業するか、風通しのいい窓際などで作業しましょう。できれば花粉症や風邪用のものでいいのでマスクをしておいた方が粉塵を吸い込むことがないので安全です。

②できれば晴れた日に作業しましょう。湿度の高い日は塗料の揮発が妨げられるので、塗装表面が白く曇ってしまうことがあります。可能であれば乾燥の早い晴れた日に作業した方がいいです。どうしても雨の日にやる場合はドライヤー片手に作業すると多少安心です。

③3回塗ってやっとつや消しになるぐらいの感じで。1度にたくさんスプレーするとこれまた白く曇る原因になります。つや消し剤の成分が溜まって白くなります。薄くスプレーして乾燥、薄くスプレーして乾燥を心がけましょう。

④吹き始めと吹き終わりの部分はパーツに当てないようにする。缶スプレーのボタンを押した瞬間と離した瞬間、粗い粒々っとした塗料の飛沫が飛ぶことがあります。その瞬間は避けてその間の部分をパーツにかけます。

テーブルの上に置いたデジカメだと撮りにくいのであれですが、顔のパーツでやってみましょう。

スプレーは奥の汚いフィルターに向かって真っすぐスプレーしていると考えてください。

拭き始めはパーツに当てないので、パーツ左側の空中に向かって吹き始めます。

 

 

そのまま手をサッと右に動かして、パーツ右側の空中で拭き終わります。

拭き始めと吹き終わりは空中で、というのが基本の吹き方です。

これをパーツの向きを変えて、パーツ全体にスプレーがかかるまで繰り返します。

左から右、左から右、左から右…………という感じで。

 

 

 

 

最初は全体がうっすら湿ったような感じになる程度でいいでしょう。

15分程度置いてからもう一度うっすら湿ったような感じにしておきましょう。

 

あ、目の部分はつや消しにしたくないから、外してからつや消しスプレーを使用します。

 

 

3回目というかとどめは全体が「濡れている」感じになるぐらい。

このぐらいのツヤっとした感じになるぐらいまで塗料を乗せます。

とはいえスプレーしすぎると垂れてきちゃったりして失敗するおそれもあるので、慣れていない人はほどほどのところで止めておいたほうがいいかもです。

 

 

 

ツヤっとするぐらいにスプレーしましたが、乾燥後はこのようにツヤが消えて落ち着いた質感になります。

プラスチックそのままよりも人の肌に近い感じになったかなと思います。

 

 

 

 

角度を変えてみるとこんな感じです。

レジンや塩ビとは違って、表面のツヤ感を抑えてあげないとそれっぽい感じには見えないので、プラモフィギュアはつや消し必須と心得ておきましょう。

 

 

 

 

さて、最後の仕上げにメイクをしていきましょう。

このようなアイテムがあります。

フィギュアの影色やらハイライトやらに色々使える便利グッズです。

タミヤのウェザリングマスターのHセットです。

 

 

 

中身はこんな感じです。

お化粧のパレットという感じです。

というか女性は普通にお手持ちの化粧品なんかを使ってあげてもいいと思いますよ。

 

 

 

付属のスポンジでピーチを取ってほっぺたにこすり付けていきます。

ほっぺの頂点あたりにぽんぽんっと。

 

 

 

 

乗せたものがこちら。

このままだとわざとらしいので、乗せたピーチをぼかしていきたいと思います。

 

 

 

 

今度はブラシの方でがさがさーっとこすってぼかしていきます。

乗せたときに付けすぎちゃった気がしたら綿棒でやると落としやすいです。

そもそも乗せた位置が気に入らない場合は指とかでこすると一気に落ちます。

 

 

 

まぁこんな感じでうっすら入っていればいいでしょう。

この辺はお好みで。

 

 

 

 

さっきの粉は触ると取れちゃうので、上からつや消しスプレーしてセーブしておきましょう。

この時ついでに前髪もつや消しに。

 

 

 

 

フィギュアライズバスト ラブライブ!サンシャイン!! ようちゃんの完成です!

部分塗装のみでこの仕上がりを楽しめます。

これからのシリーズ展開に期待できますね。できればμ’sのメンバーを早く出してほしいものです。

凛が出たら5個買います。

チークのニュアンスは肉眼で見た状態で自然な感じに見える程度にしたので、照明当てて撮影するとほとんどわからなくなっちゃいました。

ハンドパーツの合わせ目はしっかり消えています。

ついでに手首の合わせ目もごまかしたので気にならなくなっているのがわかります。

面倒じゃなければここも接着してしっかり合わせ目消してもいいですよ。

 

 

 

プラモデル初めての人は日曜日はお店でじっくり作り方を教えることができるので、気軽に声かけてくださいね。

購入したキットの製作なら毎週持ってきてくれてもいいですよ。

最近は美少女フィギュアのプラモデルもいろんな商品が出てきているので、これを機に仕上げ方をマスターしちゃいましょう。

私としては次はマックスファクトリーのマクロスヒロインたちを作ってみたいなーとか思ってます。

フロンティアのランカやシェリル、デルタの5人も発売予定なので、どんどん作ってみたいですねー。

そちらもブログで紹介していけたらなと思ってます。

 

ではまた。

 

(Visited 207 times, 1 visits today)