まいどです。

前回に引き続き、ルプスさんの部分塗装を進めていきましょう。

 

ライトグレーの塗装は紹介したので他の色を入れていきます。

dscn4558まずはグリーンのラインを塗っていきます。

一見すると筆で塗るのは難しく感じるかもしれませんが、今回は白部分はプラのままなので、はみ出した部分は乾燥後に削り取ることができます。

なので簡単です。

 

 

dscn4559このぐらいはみ出し放題でも問題ないので、ざっくり塗りつぶします。

メタリックグリーンにはMr.カラーの青竹色を選択しました。

このあと拭き取っていきますが、半乾きくらいになるまで待ちましょう。

乾く前にふき取りを開始すると残したい部分の塗料まで拭き取られてしまうおそれがあります。

 

dscn4560拭き取りに使用するのは普通の綿棒でもいいのですが、こういうのがあると作業が正確に行えます。

これはタミヤのクラフト綿棒の丸フラットです。

普通の綿棒と違って、平らになっている面があるので溝の塗料には触れずに拭き取りたい部分だけタッチすることができます。

 

dscn4561溶剤を含ませた綿棒で拭き取っていきます。

たくさん溶剤を含ませすぎると溶剤が染み込んで結局残す部分まで塗料が溶けちゃったりするので、ほどほどでいいです。

 

 

dscn4562このように溝の部分にだけ色が残るようになりました。

今回は拭き取る前提でMr.カラーを使用しましたが、白部分を塗装している場合にはその塗膜を侵さない塗料を重ねることで拭き取ることが可能になります。

例えば白はMr.カラーで塗装して、グリーンのラインはエナメルを使用するといった感じです。

dscn4548あと、オルフェンズのMSはフレームが露出しているので、こういった部分を塗り分けてあげると見栄えが良くなります。

シリンダーなどを金属色で塗り分けています。

ここではMr.カラーの黒鉄色とガンクロームを使用して塗り分けました。

 

dscn4564これはオプションセットに付属するハンドパーツですね。

これがあるとポーズがびしっと決まるようになるので、同時購入を推奨する。

で、ですね。指の先が太くなっています。

イラストを見る限りではもっとジャキっとした感じなので、太くなっている部分を切り落として細くしてあげましょう。

dscn4565HGのキットは対象年齢が8才以上なので、安全基準を満たすためにこういった形になっているパーツがあります。

ルプスさん本体の方には頭部アンテナと側面パーツに太くなっている部分があります。

これはとりあえずニッパーで切り飛ばします。

dscn4566ナイフを使って切断面をきれいに整えましょう。

ニッパーで切ったところが周囲と平らになっていればいいでしょう。

 

 

 

dscn4567ニッパーの刃をかなりパーツギリギリに当てて切ったので、白っぽくなっています。

白くしたくない場合はギリギリで切らずに、離れたところでカットして、その後ナイフで少しずつ切り飛ばしていくと白くさせずに処理することができます。

 

dscn4569というかこの角度からは見えません。

手のひら側を向けてポージングすることはないので、白くなろうと気にしません。

見えないところは基本的に手を抜くスタイルでやっております。

この後指先を白く塗ったのですが、その時の写真を撮り忘れていたので、完成時の写真で確認してくだされ。

 

dscn4570で、次は肩のパーツを塗り分けていきましょう。

この白のマークがパーツ分割で色分けされているのはHGクラスのキットでは異例と言えるでしょう。

でもここの黄色く塗る部分にはシールすらついていないので、頑張って塗り分ける必要があります。

 

dscn4571赤の上に黄色を塗ると赤が透けてオレンジっぽい黄色になるんじゃないかと思うので、一度下に白を塗っておきましょう。

ここも拭き取りで処理するので、はみ出しまくりで塗りつぶします。

で、半乾きになるまで放置します。

 

 

dscn4572

綿棒で周りの部分を拭き取ります。

この部分は段差になっているので、ふき取りは簡単です。

フラット綿棒を使えばもっと簡単です。

この後、完全に乾くまで待ちます。

 

 

dscn4574次に、同様に黄色を塗っておきます。

うん。

これで見る限りは白を入れてない部分もちゃんと黄色になっていますね。

肉眼で見ると赤の上の黄色はややオレンジがかって見えます。

 

 

dscn4576

とりあえず部分塗装が終わりました。

あ、紹介していませんでしたが、つま先はジャーマングレーで、かかとはモンザレッドで塗り分けています。

 

これだけでもそこそこいい感じですねー。

あとすみ入れしてあげればよりメリハリが効くようになるので、さらにかっこよくなると思います。

 

 

 

dscn4578

次回にかるーくすみ入れを説明して完成披露としましょう。

 

ではまた。

(Visited 2,485 times, 1 visits today)