まいどです。

前回本体にすみ入れがてらウェザリングカラーでウォッシングを施しました。

本体は使い込まれた感じに仕上がったのに他のパーツがピカピカだと作品にまとまりがなくなってしまいます。

なので、今回はウェザリングの続きをやっていきたいと思います。

dscn4288

まずはこちら。

エンジンノズルに手を入れていきます。

エンジンノズルは全体を光沢黒塗装後にガンクロームを塗装しています。

で、この部分だけ違う色が入るみたいなので、マスキングをして塗り分けます。

こういったラインは曲線用マスキングテープが威力を発揮します。

テープを少し伸ばしながら塗り分けラインに沿わせて貼っていきます。

塗り分けライン以外は普通のマスキングテープでびっしり覆います。

この部分には黒鉄色を塗装しました。

dscn4302

こんな感じできれいに塗り分けることができます。

シルバー系の塗料は下地に光沢の黒を塗装することでギラッとした質感が増します。

ギラギラピカピカになっています。

写真だとそのへん伝わらないのが悲しいところです。

本体側がそれなりに汚れた感じになっているので、バランスをとる意味合いでウェザリングを入れていきます。

実機でも熱で金属が焼けたような感じになるので、そんな感じを足してあげようかと思います。

dscn4303

リアルタッチマーカーのオレンジをペタペタ。

これは拭き取りつつぼかしていくので適当に。

 

 

 

 

dscn4305

指で拭き取りながらぼかします。

単純な光沢塗装の上にマーカーを塗っても綺麗に拭き取られすぎてあまり使った感じはなくなるのですが、この場合はシルバーの粒子が表面にあって完全なグロス面ではないのである程度定着します。

プラそのままだとほとんど定着はしてくれないので、必ず半光沢のクリアーを吹いてあげましょう。

リアルタッチマーカーはぼかしペンでぼかしながら拭き取っていくのがメインの使い方ですが、光沢だとペンで綺麗に拭き取られすぎで、つや消しだとインクがにじんだような感じになってしまいます。

必ず半光沢でコートしてから使用しましょう。

最終的に全体をつや消しにしたい場合はマーカー塗装後にあらためてつや消しクリアーを吹きましょう。

dscn4307

で、ぼかすとこんな感じに。

金属は高熱にさらされると変色するようです。

身近なところではバイクのパイプなんかがわかりやすいかな。

実物はもうちょっとまんべんなく入っているのですが、いかんせん写真だと光の加減でわかりにくいですね。

 

dscn4309

焼けるとオレンジっぽかったり青っぽくなったりするので、今度はリアルタッチブルーを塗ってから同様に指でぼかしていきます。

とくに何も考える必要はありません。

 

 

 

dscn4314

で、写真だとどう変わったのかはほとんどわかりませんが、パーツに表情がつきました。

パーツの凹んでいる部分にインクが残っちゃった場合はぼかしペンで拭き取りましょう。

 

 

 

dscn4316

続いて登場するアイテムはこれ。

タミヤのウェザリングマスターです。

Bセットのススを使ってみましょう。

バーニアとか色々ススまみれになっているはず。

 

 

dscn4317

開けてみるとスポンジが真っ白でした。

以前海面のベースを作った時に使用したスノーがついたままです。

多分白波の感じを出すのに使った記憶があります。

この裏側は錆の色になってました。

このまま使うと色が混じってしまします。

まぁこいつはアクリルの溶剤である程度きれいにすることもできますし、黒の方が色が強いので気にせず使ってもあまり問題はないかもです。

でも逆に前に使ったのがススで、次にスノーを使いたいと思った場合には絶望しかありません。

dscn4318

どうしても気になるそんなあなたにはこれを。

ちゃんとタミヤから別売りでこれだけが売られています。

3本入りで200円で売られています。

一応私のお店にも置いています。

実は100均の女性のお化粧コーナーに行けば見た目全く同じものが3本セットで売られていたりします。

お化粧コーナーで物色するのが平気な人はそれを買うといいでしょう。

それはちょっとつらいよという方は模型店で探してみるといいでしょう。

dscn4319

バーニアの前にまずはこちらを。

これ、機銃口なんだそうな。

そうだったのか。

どうやらこの周囲もススまみれになるようです。

スポンジの方でススをこすりつけていきましょう。

言ってしまえばただの粉なので、失敗してもこすればだいたい落ちます。

もし表面がつや消しの場合などで残ってしまう場合はアクリル溶剤である程度は落とせるようです。

dscn4320前に向かって弾が出るわけですが、飛んでるので汚れは後ろに流れます。

まぁだいたいこんな感じで。

 

 

 

 

dscn4321

バーニアの内部にもススをびっしりつけてあげました。

まぁとりあえず全体の感じとしてはまずまずの感じになりました。

 

 

 

さて、ここ数日色々とあれしててなかなか進んでいなかったのですが、ラストスパートです!

いいかげんLikoさんさわりたいよ!

 

ときに、フィギュアライズバストですが、Likoさんの後は何を作るかなーと思っていたところ、…………

ラブライブサンシャインの皆さんが出るようですね。

とりあえずアクアの9人が来年の2月からリリースされるということになっていますが、このシリーズが売れればきっとµ’sの皆さんも発売されるはず!!

なので次はアクアの誰かしらを作ってみたいと思います。

凛が出たら5個買います(`・ω・´)ゞ

むしろそれが出たらフィギュアライズ全身やりたいですね。

 

ではまた。

 

(Visited 95 times, 1 visits today)